バラエティ番組があれば めし三杯。 サッカーは別腹。 たまには 映画をつまみ食い。
グッチの孫娘パトリシアグッチ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングへ ←←←ワンクリックで 僕にヤル気をください。
『キングコング』を 見てきた。

見る前の知識としては ビルにコングが登って騒ぐ
って程度しか持ってなかった。

シャーリーズ・セロン出演の
『マイティージョー』みたいなものかな って思っていた。

が、、、結構 予想と違っていた。

ドクロ島に船で行くのは
もともとキングコングに逢うためじゃなくって
単に 映画を撮りに行くため。

街でコングが暴れるシーンが 大半を占めるのかな
と思ってたら そうでもなかった。

一難さってまた一難。。。さらにまた一難。。。で、さらに
って感じの モンスターパニックムービーでした。

しっかし ドクロ島・・・・・・
恐竜や キモい化け物がいるなんて・・・・・

それらと戦うコングは迫力あったが 1撃必殺の技もなく
1匹1匹と戦う時間が長かった。  間延びしすぎ・・・・・

そのコングに連れ回される
アン・ダロウ役のナオミ・ワッツ・・・・・すごい

明らかに 10トン以上の衝撃がカラダに加わっているのに
全くケガをしない・・・・・なんて強靭な肉体だろう。

コングが自分を襲わないことを すばやく理解する判断力・・・・・
あんな状況で よく 冷静な判断ができるものだ と感心した。

他の船の乗組員も なかなかの身体能力で
恐竜の大群の突進を かわしまくっていたし・・・・・

ドクロ島の原住民は 途中から襲ってこなくなるどころか
姿もみせなくなってしまうし・・・・・

コングを島から街へ 船で運ぶのは困難だろうと思ったら
そのシーンはなく いきなり街のシーンへ飛ぶし・・・・・

街では 雪が降り積もっている中を
ナオミワッツが ドレス1枚でコングに逢いに行く・・・・・
さすがコングとわたりあえる女性。 寒さには ビクともしない。

この女性。なかなか薄情な お方である。
最後まで コングの名前を 呼ぶことがありませんでした。
名前は知らなかったのかな。付けてやればよかったのに・・・・・

総評::::::
予想していなかった展開だったので その点では よかった。
アクションには やや問題あり。 CGは キレイだったが
ホラーに出てくるような化け物もいるので  ちょっとだが
そういうのがキライな人は 見ないほうがいいかも。
ラストシーンには コングのそばに
ナオミワッツが 駆け寄って欲しかった気もする。

・・・・・・・・・・レンタルDVDなら 超おススメ
スポンサーサイト

人気blogランキングへ ←←←ワンクリックで 僕にヤル気をください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。