バラエティ番組があれば めし三杯。 サッカーは別腹。 たまには 映画をつまみ食い。
グッチの孫娘パトリシアグッチ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングへ ←←←ワンクリックで 僕にヤル気をください。
第1夜:今、蘇る死

天馬恭介(石坂浩二) 怪しすぎだった。
ずっと 疑いの目で見てました。

いきなり もと教え子 堀部音弥 (藤原竜也)の
小学生時代の自由研究を持ってくるし

音弥の家で 母親が帰ろうとしたら
いったん終わった話を  急に むし返すし

そしたら やっぱりかぁ・・・・・・

古畑さん 竹馬に気付くのスゴかったけど
それなら もっと早く 天馬の策略に気付けたんじゃない?

よく練られた話で おもしろかった。
石坂さんを最初から 疑ってた自分にも満足。


第2夜:フェアな殺人者

向島さんとは 全く似てないイチロー。

クルマの中で 恐喝しにきたライターの人を 
助手席から 右腕一本で 首を押さえつけるイチロー。

そんな芸当は 一流のプロスポーツ選手しか 無理です。

サインボールは あんなトコに投げ込まずに
もっと違う処理が できた気もするが・・・・・・・
投げ込むのは テイクワンで成功したのかなぁ

うっかり 駐車場を「地下」だと言った場面・・・・・・
気付かなかった。。。不覚。

マッチから加湿器・・・・・・僕には絶対連想できない

イチローさん 役者もなかなか出来ますね。
今年あたり ブルーリボン新人賞でも 狙ってみては?

挑戦をうけてたつ古畑。カッチョよかった。おもしろかった。
今回の3つの話の中で 1番良かった。


第3夜:ラスト・ダンス

この話が 1番無理があった。
いくら双子でも  なりかわって生活を続けるのは不可能だろう。

内向的な姉「もみじ」(松嶋菜々子)が
外交的な妹「かえで」に 成り代わる・・・・・・・無理だって

たとえ性格が似てても無理だ。
姉が妹の過去の出来事を 100%知っているなんて有り得ない

よほど仲が良ければ 50%くらいは知っているかもしれないが
そんなに 仲良しだと 事件なんか 起きないし・・・・・・

話自体は おもしろかったんですが
この話が 第1夜で 良かったんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

人気blogランキングへ ←←←ワンクリックで 僕にヤル気をください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。